ブラックリストに載るとその後、クレジットカードを作ったりお金を借りたりするときにとても不利な状況に陥ります。
ですから、ブラックリストにはできるだけ載らないのがベストですが、万が一何らかの理由で自分がブラックリストに載ってしまった場合、どのようなことになるのでしょうか。
今回は、ブラックリストに載る条件や、その期間と消し方について調べていきたいと思います。

ブラックリストとは

ブラックリストと一般的に言われるものは、実際には存在していません。
ではなぜブラックリストと呼ばれているかというと、金融会社やクレジットカード会社が登録している信用情報機関で「事故情報」が載ってしまっている状態をブラックリストと呼ばれているからなんです。
例えばクレジットカードの支払いが滞ったり消費者金融からお金を借りて返済できなくなってしまった場合など、それらの情報は信用情報機関に「事故情報」として登録されて、金融会社やクレジットカード会社に共有されます。
つまり、どこか一社で金融事故を起こしてしまうと他の会社にもその情報は筒抜けになっているということなんですね。

ブラックリストに載る条件

ブラックリストに載る条件はいろいろあります。

クレジットカードの支払い

クレジットカードをつかって買い物をすると、一括または分割で後日支払いが発生します。
この支払いが遅れてしまうと、事故情報として登録されます。
数日の延滞ならそれほど問題とならない場合が多いようですが、概ね2か月以上の延滞や滞納をしてしまうとブラックリスト入りします。
また、何度も繰り返し延滞や滞納を繰り返すと信用情報にもその情報が残ってしまうので、その後クレジットカードやローンを組む際に審査が厳しくなってしまいます。
ちなみに、延滞を繰り返すと強制的にカードが解約されてしまうことももちろんあります。

消費者金融の返済

消費者金融でお金を借りると毎月返済が必要となりますので、これも返済が遅れてしまったりするとブラックリスト入りします。

各種ローンの返済

住宅ローンや自動車ローンなども返済が遅れるとブラックリスト入りします。

債務整理をする

債務整理は、実行した時点で確実にブラックリスト入りします。
なぜかというと債務整理は、それまでに借りたお金が返済できなくなったので減額したり免除してもらうという制度だからです。
自分でお金を借りておいて返せなくなったからという自分勝手な都合で借金を踏み倒しているのと変わらないですから、そんなことをする人に誰もお金を貸したくないですよね。

携帯・スマホ料金

携帯料金やスマホの支払いはどちらかというとローンのような扱いになります。
最近はスマホ本体の料金が非常に高額となっている為、分割での購入が一般的になっていますよね。
これはローンを組んで購入しているようなものなので、ローンの延滞と同じと考えていいでしょう。
つまり、キャッシングしたこともなくローンも組んでいないのにブラックリスト入りしている場合は、携帯やスマホが原因の場合があるのです。
ただし、これはあくまで本体代金の支払いの場合であって、利用料金の延滞ではブラックリスト入りはしません。

奨学金

奨学金は、経済的に進学が難しい時に支援を受けて学校へ行く時に利用される制度です。
奨学金には二種類あって返済が必要なものと不要なものがあります。
返済が必要な奨学金の場合、2か月以上の延滞をするとその情報はブラックリスト入りします。

短期間にクレジットカードの申し込みをたくさん行う

クレジットカードの申し込みを短期間にいくつも行うと、不正な申し込みをしていると判断されてブラックリスト入りすることがあります。
支払いの延滞と比べるとそれほど重たいものではありませんが、申し込みが理由でブラックリスト入りすると半年ほどは申し込みが通りにくくなりますので注意が必要です。

特殊なケース

基本的にブラックリスト入りする条件は、返済が滞った場合に起こりますが、それ以外にも幾つか特殊なケースがあります。
代表的な例として最近多いのが、クレジットカードの現金化です。
クレジットカードのショップング枠を利用して現金を作る方法ですが、これはクレジットカード会社の規約では禁止されている使い方です。
ですから、もし現金化したことがカード会社にばれてしまうと、規約違反としてカードは解約されてブラックリストとなりますので、その後カードを作ることは難しくなるでしょう。

ブラックリストに載るとどうなる?

もしも自分がブラックリストに載ってしまったら、実際にどういった不具合が出てくるのでしょうか。

クレジットカードが作れない

ブラックリストに載るとクレジットカードの申し込みはまず通りません。
支払い能力がない方にカードを持たせることは当然できませんよね。

ローンが組めなくなる

各種ローンもクレジットカード同様に審査が通らなくなります。
返済能力なしと判断されてしまうので仕方ありませんね。

キャッシングできない

消費者金融はお金を貸しても返ってくる可能性が低いと判断すれば当然貸してくれません。

ブラックリストとして扱われる期間はどれくらい?

ブラックリストに載ったからといって、一生その情報が消えないわけではありません。
ブラックリストの種類にもよりますが、大抵の場合は5年前後から長くて10年もすればブラックリストの情報は消えます。

・61日以上の延滞 最長5年
・3か月以上繰り返しの延滞 最長5年
・強制解約 最長5年
・債務整理 最長5年
・自己破産 最長10年

ブラックリストとして載る信用情報機関は幾つかあり、信用情報機関によって同じ条件でブラックリストに載っても消えるまでの機関は違います。
ただ、大抵の場合は5年で消えます。
もっとも長いのは自己破産した場合の10年ということになりますね。

ブラックリストの消し方

ブラックリストに載ってしまうとクレジットカードが作れなかったり、ローンを組めなかったりと色々不便なことが多いです。
ですから、できればその情報を消したいと思う方も多いと思いますが、残念ながらブラックリストに載ってしまうと、その情報を自分の意思で消すことはできません。
そんなことができたらみんな借金をして自己破産を繰り返してしまいますからね。
ただし、稀なケースですが間違った情報が載ってしまっていることがあります。
これについては信用情報機関へ連絡をして訂正してもらうことは可能なようです。

まとめ

ブラックリストに載ると社会的に不利な状況になってしまいますので、できる限り載らないように支払いや返済は確実に行うことがたいせつです。
しかし、どうしても載ってしまった場合は、5年から10年ほどその情報は消すことができないので、我慢するしかありません。
でも、ブラックリストに載りたくないからといって自転車操業のようなことを妻でも続けていては返って状況は悪くなることがあります。
借金の返済に困っている場合は、一度専門家である弁護士に相談してみることをお勧めします。