督促状は、料金や返済の未払がると返済を促す為に送られてくる郵送物です。
督促状が届くのはキャッシングなど消費者金融から借金をした場合だけではなく、クレジットカードのローンの支払いや、住宅ローンにマイカーローン、公共料金や税金なども対象となります。
こうした督促状が届いてしまった場合、どういう対処が必要なのか、また督促状を放置するとどうなってしまうのかについてご紹介していきます。

督促状とは

督促状とは、返済や支払いを催促するものです。
返済や支払い期日を過ぎても未納のままにしておくと関係機関から送られてきますが、督促状は支払いを促すものなので、届いた時点で返済や支払いをすれば特に問題はありません。

督促状と催告書の違いは?

督促状とは別に催告書というものがあります。
催告書は督促状とは違って普通の郵便ではなく、内容証明郵便が送られてきます。
なぜ内容証明郵便で送られてくるかというと、送った内容が誰から誰に送られているか、そしてその内容が公的に証明されるものとなるからです。

内容証明郵便で催告書を送ると、受け取った側が仮に受け取っていないといったとしても、きちんと届けられていることが履歴として残る為わかってしまうのです。
さらに、催告書を内容証明郵便で送ると、支払いに対する時効を止める効果もあります。
いつまでも支払いをしてもらえない場合、そのままにしておくと支払いの時効を迎えて返済する必要がなくなってしまうのですが、そういったことが起きないように、債権者は内容証明郵便で催告書を送ります。
ちなみに催告書の内容は、督促状に比べてやや厳しい書き方がされている場合が多くなります。

督促状が届いたらどうすればいいか

督促状が届いたらまずすることは、その支払いを済ませるということです。
支払い忘れていた場合や、返済が遅れてしまった場合でもきちんと支払いを済ませれば問題はありません。

しかし、中には支払うお金がなくて滞納している方もいるでしょう。
そういう場合でも、督促状をそのままにしておくのではなく債権者に連絡をして状況を伝えます。
場合によっては返済を待ってもらったり、分割での返済にしてもらったり、今払える分だけとりあえず払うといった形で対応をしてもらえることがあります。

督促状を放置すると

督促状が来たのにそのまま放置するとどうなるのでしょうか。
まず、先ほども言いましたが内容証明郵便で催告書が届きます。
それでも連絡をしなかったり放置してしまうと、最終的には債権者が法的措置に出て、給料や財産を差し押さえられてしまう可能性が出てきます。
もし、住宅や車を持っている場合にはそれらの財産を差し押さえて返済に当てられてしまう場合もあります。
税金の滞納についても同様で、いつまでも督促状を無視していると差し押さえをされてしまう可能性がありますので、必ず連絡を取ることが必要です。

まとめ

督促状は返済を促す郵便物ですが、放置すると内容証明郵便で催告書が届きます。
これらを放置すると差し押さえなど大変なことになってしまいますので、必ず対応しましょう。
もし、お金がなくて返済や支払いができない場合には、債権者と相談するか、どうにもならないという場合には債務整理も含めて一度専門家へ相談するのをおすすめします。